上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、というわけで!(悠仁調)行ってきました!
ゆず体育館ツアー2004『ONE』@広島グリーンアリーナ!

実は今回のライブ、前日まで行ける予定ではなかったのです。
チケット争奪戦に敗れたけれど、今回のライブはどうしても行きたくて。
前回行けなかったこともあったのですが、無性にゆずの二人の歌が
聴きたかったのです。日にちが近づくにつれ、その行きたい思いは
強まるばかり。ひたすら金券ショップを巡ったりしてました。
しかし、そこに並ぶチケットは到底出せる金額ではなく…

そして、半分諦めかけていたライブ前日。
幸運なことにチケットを譲ってくださる方が見つかり、
見に行けることになりました。幸せ者です。
本当にありがとうございました。

当日は台風も近づいてることもあって、あいにくの雨模様。
ゆずライブを見るのは去年の冬至の日以来、ホールライブは
すみれツアー以来。そんな天気もなんのその!
見に行けることが本当に嬉しくって、なんかわかりませんが、
一日中、ありえんくらい緊張してました。残念です、はい。

そんなこんなで、ソワソワドキドキしながら会場へ。
今回はそのチケットを譲って頂いた方とご一緒させて頂いたのですが、
人見知りの私にとってはライブの緊張もあいまってドキドキ最高潮。
けど、そんな私の人見知りも吹っ飛ぶくらい、すごく素敵な方達で。
初対面にも関わらず、アホみたいに喋り倒す私に、笑顔でお相手して
下さったり、ゆずの話もたくさんしたり、本当に楽しかったー!

お決まりのラジオ体操。多分、ここでのラジオ体操が一番
テンション上がるラジオ体操やと思います(笑)

そして、いつもとは違うアナウンス。歓声でいっぱいの会場。
もう鳥肌がたってしょうがなかったです。この瞬間が一番好き!

久しぶりに見たゆずの二人は、二人の歌は、ずっと変わらず、
そこに、そして今、目の前にあって。それが、ただただ嬉しくて。
岩ちゃんのつき抜けるような真っ直ぐな高音ボイスと
悠仁の真っ直ぐな歌と笑顔。鳥肌と涙が止まりませんでした。

ライブ終わっても、未だ余韻覚めやらず。
今回のライブは本当に良すぎた。見に行けて本当に良かった。

そうそう!帰りに会場を出ようとした時に、かの有名な(?)
水野さんと中川岳さんとすれ違ったんですよー!
お、男前!(笑)ちょっと有名人見た気分(単純やなー)

そんなこんなで、以下、ネタバレ含んだ個人的な感想をつらつらと
書いております。これからライブに行かれる方は、お気をつけを…!

やっぱりライブは初見で見るのが一番!やと思いますので…
そして、気持ち悪いくらい長いです、ご了承下さい(笑)

今回はメインステージの他にサブステージなるものがありました。

サブステージはアリーナ席のちょうど真ん中くらいの位置。
そして、サブステージに歩いてくる二人の先には二本のマイク。


(サブステージ)※曲順など曖昧です…。

1.わだち
2.飛べない鳥
3.からっぽ
4.大バカ者
5.シャララン
6.蛍光灯の先
7.心のままに
8.シュビドゥバー

とりあえず、素っぴんであることにテンション上がりっぱなし。
表ではただ立ち尽くすのみでしたが、もう心の中はお祭り状態ですよ!(笑)

「飛べない鳥」「からっぽ」「大バカ者」の流れは本当に嬉しかったです。
「飛べない鳥」と「からっぽ」での岩沢さんの高音ボイスは生で聴くと
本当にすごい。ただただ立ち尽くして聴き入るだけ。
そして、そして生で聴く「大バカ者」と「心のままに」
「大バカ者」は大好きな曲のひとつ。悠仁の歌声はいつも前を見ていて、
個人的な色んな思いとかと重なって、泣けてしょうがなかった。
ギター二本と二人の声だけが会場全体に溢れていて、ドームでの光景を
思い出しました。やっぱり今でも素っぴんの二人は特別な感じがします。
「シュビドゥバー」はまた違った感じにアレンジになってましたね。
あのアレンジいい感じですねー!そんな素敵すぎる30分。

(メインステージ)

9.1
10.命は果てるまで
11.積み木ゲーム
12.ウソっぱち
13.白鳥
14.歩行者優先
15.シュミのハバ
16.夢の地図
17.いつか
18.アゲイン2
19.少年
20.夏色

えーと、岩ちゃんが「1」の歌詞思いっきり間違えてました。
しかも、スクリーンに映った瞬間に…バレバレですよ!(笑)

そんなメインステージに移ってからは、スタードックスも含めたバンド構成。
その音が半端ねえカッコよさ!「1」から「命果てるまで」への入り方が
最高に格好良くて、イントロ聞いただけでも鳥肌もん。「命果てるまで」は
ライブで聞くと全く違った感じですね。大好きです。

「ウソっぱち」は個人的に大好きな曲。メロディと歌詞が大好き。
聴くたびに悠仁に対して歌ってるような気がします。勝手な思いですが(笑)
「シュミのハバ」では舘ひろしみたいなサングラス着用で。
すんごい胡散臭いですね、岩沢さん(笑)サングラスに着けられてる感が…
そして、DJ悠仁のテクニック披露「ヒロシマ スキ ジャケェー」でした。
しかし、今回のシュミのハバ体操?には全くついていけませんでした(笑)
リズム感の問題か、運動神経の問題か、はたまた記憶力の問題か。
そして、聴けるとは思わなかった「いつか」、「夏色」と「少年」は
イントロ聴くだけで反射的にテンション上がるし、
岩ちゃんの「Z」は相変わらず可愛すg…!(…)

(アンコール)

21.夏祭り
22.桜木町
23.栄光の架橋

本編が終わると、アンコールよりもまず一斉に座り出す客席(笑)
ザワザワした雰囲気の中、どこからともなく「贈る詩」が。
これはもはやゆずライブの定番のアンコールなんですかね?!
過去のライブでも、何度か色んなバージョンを聴いてきましたが、
いつも色んな所から歌や掛け声がバラバラ上がってて、その声が
揃ったとこを聴いたことは無かったのですが…今回は違った!
ビックリするくらい会場全体が息ピッタリで、ちょっと感動しました。
再び登場した悠仁も一緒にワンフレーズ歌ってくれました。

そして、そんなアンコールの一番最後に歌った「栄光の架橋」。
「すごい」とか「良かった」とか、単純な言葉しか出てこないのが
情けないのですが、生で聴くこの曲は本当に最高に良かった。
泣くことすら忘れるくらい、CDで聴くよりも何倍も迫力があって、
ステージの上で歌う二人の姿をただ立ち尽くして、聴くだけで精一杯。
最後の最後でもうどうしようもないくらい涙が込み上げてきて、
耐えれませんでした。いつもライブに行っても、そんなに泣くってことは
無かったのですが、今回のライブはなんかすごい特別なものがありました。

ライブはいつものゆずライブとはちょっと違って、MCが本当に
少なかったのです。お遊びの部分が少なかったというか。
そんな数少ないMCでのメンバー紹介で「28歳!岩沢厚冶!」と
紹介された岩ちゃんは「えー…今年は色んなところで台風にあたって…
そんなこんなで28になりました」みたいな意味不明なコメントをして
苦笑いしてました(笑)悠仁はめいっぱいの笑顔と「ありがとう」と。

ゆずの二人はいつも真っ直ぐな声で、真っ直ぐな笑顔で
いつも歌を歌っている、と思う。そんな歌を聴くと、そんな笑顔を見ると、
こっちまで嬉しくて楽しくてしょうがない。自分でも単純だと思うけど、
やっぱり私の中でゆずの存在はかなり大きかったらしい。
今回のライブに行けて本当に良かった。ゆずに、色んな人に感謝。
そして、最後の掛け声はゆずライブに来たんだと実感する瞬間。

「きをつけ!礼!ありがとうございました!」

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。