上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとこさ見ました、言葉になりません。

新選組!第45回「源さん、死す」

先週の予告の時点で既に半泣き状態だった、今回の放送。
もうほんまに辛いです。とりあえず、うまく言葉になりません。
本編を見てる間も、終始涙涙だったのですが、今回は終わった後の
余韻というか、終わってからぶわっと悲しさがやってきて。
来週からもうあの中に源さんは居ないんだなぁ…
とか、そんなことを思うと、急に悲しくなりました。

「源さんの魂が出ていかないように」という島田の台詞に涙し、
泣きながら必死で源さんを抱きしめる土方の姿、そして、普段は
冷静沈着の斉藤さんが官軍にすごい形相で向かっていく姿とか…
もうあのシーンは全てが切なすぎました。そして、全員に看取られて
亡くなっていった源さんは本当に愛されてた人だったんだなぁと。

そして、近藤先生のことが、これからの新選組のことが心配で、
この世の身では無くなっても、近藤さんの元に現れた源さん。
最後まで源さんは源さんのままで、笑顔で笑う姿が切なすぎました。

このドラマの中で人が死ぬたびに思い出すのは山南さんのこと。
まぁ、私が山南贔屓なとこがあるからなんだと思いますが(苦笑)
源さんの死は山南さんの回を見た時とはなんか違う気持ち。
とにかく、源さんの大きさと改めて実感した45分でした。
表向きは近藤さんと土方が指揮していた新選組も、本当は
源さんの存在はかなり大きかったのではと思います。

近藤さんは試衛館時代から、ずっと一緒にやってきた間柄で絶大なる信頼を
おいてたと思うし、土方は武八郎を切腹に追いやった時も源さんにだけ、
心のうちを話したり、近藤さんには言えないことも源さんには言ってたり、
沖田も周平もその他の隊士達にも、全員に目を配ってやっていたり…
縁の下の力持ちというか(ん?言葉の使い方違う?汗)そんな大くて
無くてはならない存在だったと思う。うーん、淋しいし、辛い。

来週とか普通にまたおにぎりみんなに配ってそうなのに。
もう沖田も源さんのこと聞いたのかな…とか、ね。

新選組!の公式サイトもやっとこさ見たのですが、
小林隆さんのインタビューや共演者の方の話にまたもや涙。
それにしても、ほんとに素敵な役者さんですね、素敵。

来週も怒涛の展開です。いっぱい居なくなってしまいます。
新選組も残すところ、あと4回。涙なしでは見られません。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。