FC2ブログ
うめだスタンダード芝居もんの感想をつらつら。

『リョ-マ・クレイジー』(1/20(木)19:00-)

(出演)
ケイタ:後藤秀樹
アキオ:藤原一裕(ライセンス)
坂本竜馬:井本貴史(ライセンス)
沖田総司:岡野秀昭(劇団衛星)

(あらすじ)
自称天才物理学者のケイタ(後藤)は長い年月をかけて、
時間を遡ることが出来るタイムマシンを発明した。
念願の完成まで、残すところ部品ひとつ。
友人のアキオ(藤原)と日本史の教科書を持ち寄り、
どの時代に行って何をしようかとあれこれと思案中だ。
「本当に戦争をしてる所で銃撃戦が見たい!」とケイタ。
原始時代は葉っぱ一枚で生活してると聞かされ、
「いいなぁ、原始時代」とあらぬ想像を巡らせ
鼻血を出すほど、浮き足立っているアキオ。
二人とも今日のこの日を待ちにまっていたのだ。

そして、最後の部品をはめた時…二人の時間を遡る旅がはじまった。

あれこれと時間を駆け巡り、二人が偶然やってきた時代は江戸幕末。
そこで、坂本竜馬(井本)が沖田総司(岡嶋)に襲われている場面に
遭遇する。絶体絶命の竜馬をひょんなことから助けてしまうケイタ。
危うく難を逃れた竜馬は二人を料亭(旅篭?)へと誘い、
酒を飲み交わす。得意のモノマネを披露したり、打ち解けていく三人。

宴会もひとしきり終わった後、酔いつぶれたケイタを尻目に
アキオと竜馬はお互いが生きるそれぞれの時代の話をする。
竜馬の夢は「自由な国を作ること」。未来の日本のことを聞かれた
アキオは持って来た教科書を持ち出して2005の話をしてしまう。
これから起こる未来の様々な出来事、本当は竜馬は近江屋事件で
殺される予定だったこと、沖田は結核でもう先は長くないこと、
2005年には自由の時代がやってくるということ…。

自分の未来を知ってしまった竜馬。そして、竜馬暗殺のため、
料亭に女中として潜んでいた沖田も自分の未来を知ってしまった。
そして、20世紀以降が全て白紙になってしまった教科書。

翌朝、白紙になった教科書を見て驚くケイタ。
白紙になってしまったということは、未来が消えてしまったと
いうこと。すなわち、二人の存在も消えてしまうということ。
タイムマシンのバッテリーが切れてしまったら、
二人の存在はこの世から一切消えてしまうのだ。

歴史が変わってしまった理由は竜馬暗殺。
二人が竜馬を助けたことによって歴史が変わってしまったのだ。
竜馬はあの時殺されなければならなかった。

「竜馬を殺さなければ自分が消えてしまう」

ケイタのバッテリーは残り少なく、あと20分しかもたない。
追い詰められたケイタは竜馬を殺しに行く決意をし、出ていく。
竜馬を見つけ出したケイタは竜馬に対決を挑むが、
歯が立つはずもない。そこにタイムリミットが…。
ケイタはやはり人殺しは出来ないと言い残し、消えてしまう。

残ったアキオは沖田を探し出し竜馬を殺してくれと頼む。
自分には未来が無いことを知った沖田は竜馬を斬りに
向かうが、喀血した沖田は竜馬の刀によって斬られてしまう…。

一人になってしまったアキオは竜馬に、ある提案をする。
「竜馬さんを殺せないから、坂本竜馬はここで死んだことに
して、これからはどこか違う所で名前を変えて生きて下さい」と。
しかし、竜馬はアキオの提案を受け入れることはできなかった。
「自由な時代を作るまで自分は死ねない。2005年では遅すぎる」と。

竜馬に銃を向けるアキオ。アキオに刀を向ける竜馬。
ほぼ同時に、振り下ろされた刀と響く銃声…

2005年。未だにタイムマシンが完成したらどこへ行こうかと
あれこれ言い争っているケイタとアキオ。アキオが鼻血を出し
部屋を去ると、そこに全身血まみれのアキオが現れた。
アキオは、ケイタの持っていたタイムマシンを取りあげ、
床に投げつけ、そして、ケイタに向かって言った。

「みんな本気の本気の本気で生きてんねん!」

2005年を生きる二人にとって過去の時代は単なる
「昔あった出来事」にしか過ぎなかった。しかし、
それぞれの時代、それぞれの場所で本気で生きている人達が
いるということ。竜馬も沖田も自分達の時代を本気で生きていた。
それは未来も過去も関係の無いことで、いつの時代も
そこには本気でその時代を生きている人達がいるのだと。

そう言い残すと血まみれのアキオは消えた。
不思議がるケイタの元に鼻にティッシュを詰めてアキオが
帰ってきた。ケイタはタイムマシンを壊したことを怒るが、
勿論、そんなことを知る由も無く…いつもの言い争いが始まった。
そして、そんな二人の後ろにはあの竜馬の姿があった。

【続きを読む】

スポンサーサイト



19:00 うめだスタンダード

当日券で入ったのですが、1時間前の時点でなんとF列…!
その時点では「キャンセル流れかなんかで前の方が出たんかな~」と
思ってたのですが、客席の扉を開けてもお客さんの気配がしない…。
中に入ると、私達の席がほとんど最後列のようなもんでした(笑)
今日の出演者陣もビックリする程の少なさだったそうです。
そんなうめだスタンダード、内容はとても濃かったですよ!

「ネタもん」
・りあるキッズ/漫才
この日、安田くんが微妙な服のコーディネートをしてたのですが、
「その服の組み合わせは無い!」という話になり、先程、楽屋に居た
後藤さん(オシャレのカリスマ)にも指摘されたとか。
そして、かの後藤さんは昨日深夜3時頃、安田君の元に「帰れなくなったから
泊めて」という電話をかけてきたそう。現役大学生の安田君とほぼ一回りほど
違う後藤さん(33才)は一晩中、携帯を握り締めて寝てたそうです(笑)

・トータルテンボス/コント「レストラン」
大村店長のお店に藤田さんがバイトとしてやってくるというコントでした。
初トータルだったのですが、マジきびぃです!面白かった~!あの動きを生で
見れて感激。コントでの大村さんの喋り方はなんかすごい綺麗な標準語ですよね。

・月亭八光/古典落語「動物園」
八光さんも初めて生で見ました。八光さんが普段どんなネタをされてるのかも
よく知らなくて(ごめんなさい;)本当に今日が初見に近かったのですが、
今日のネタは古典落語の動物園でした。本物の落語を見た気がします。

・バッファロー吾郎/コント
大学生コントのん(タイトル不明…)でした。やっぱり面白い!
竹若さんの女装はカツラ無しでも全然問題無いと思います、はい。

・ブラックマヨネーズ/漫才
小杉さんが髪を切ってから初披露ということだったらしいのですが、
登場するなりその髪型にしばしざわつく客席。前のほうで「ヒドイ」と
いう言葉も聞こえたり聞こえなかったり(笑)色んな意味で衝撃的!!

・海原やすよともこ/漫才
今日のような人が少ない舞台が大好き!というともこさん。
チョケすぎた成人を見てやすよさんが放った「死んだらええのに新成人」やら、
ここぞとばかりに様々な名言が飛び出しておりました。

「芝居もん/リョ-マ・クレージー」

今回の数ある芝居もんの中でどうしても見ておきたかった芝居もん。
話に聞いていた通り、すんごい良かったです。大好きな感じです。
コンタクトにしたばっかりで目がしぱしぱしてしょうがなかったん
ですが、それすら忘れるくらいに舞台に釘づけでした。
以前、日記で後藤さんが「坂本竜馬に憧れる」と言っていた理由が
わかった気がしました。あと、劇団衛星の岡嶋さんが素敵…!(笑)
まだ日程も残ってるので、楽日終わってから、またあれこれ
書きたいと思います。出来るならば2回くらい見たかったです。
実はスタンダードに入ったのも初めてのことだったのですが、
ちょっとハマリそうです…(笑)もっと色々見に行きたいなぁ。

21:45 THE PLANET9 Earth~アドリブStyle~

個人的にPLANETを見るのは去年、2月の覚ジュピ以来。
今回はタイトル通り、その場で「タイトル」「オチ」「衣装」「板付き」を
決めてのアドリブ芝居な一時間でした。いや~、色んな意味で凄かったです。
簡単に言ってしまえば、ぐっだぐだ?(笑)ですが、その余りのグダグダっぷりに
腹ちぎれるかと思いました。あのグダグダっぷりは全然有りやと思います、はい。

演者にも関わらず、全く話を聞いてない傲慢キャラのヤナギさん。
病院という設定で何故か一人タキシードを着てきた浅越さん。
オチが見つからないままジョークをフライング披露した鈴木さん。
他メンバーの目論みと全く関係無くオチを言っ放った久馬さん。
常にエージェントだった灘儀さん。
本業は構成作家にも関わらず、全く場をつなげない覚さん。

ちなみに本日演じられたお芝居はこの二つ。
(1本目)タイトル「パン屋でDO!」オチ「誰が鳩やねん!」
(2本目)タイトル「最後の恋」「日本の都は京都やで」

グダグダの中でも、次にどう展開していくのかわからない芝居の楽しさと
プランメンバー(+覚さん)のテンパリ具合に目が離せなかったり、これはこれで
楽しめました。けど、一番グダグダだったのは、構成作家さんではなかろうかと…
そして、一番楽しそうだったのも構成作家さんだったのではと思われます(笑)

鈴木さん曰く、今回のライブの感想は「凄かった」との一言だけ伝えてくれれば
いいそうです(笑)けど、鈴木さんの頭の回転の速さは凄いなと思いました。
他4人の展開についていきながら、よくあれだけぽんぽんと台詞や設定が出てくるな~と。
そんなこんななアドリブstyle、次は15年後くらいに再びやる!とのことでした。

いつも本公演しか見に行けてないので、PLANETもまた見に行きたいと思った時間でした。

大阪滞在2日目。

昨日は朝方近くまで喋り倒す。ほぼノロケ話…楽しいけども(笑)
しかし、寝ようと宣言してからは早いです。そして、数時間後。
朝マックする為に早起き。マクドナルドは朝マックが一番好きです。
お昼過ぎにまた春に会う約束をして友達とお別れ。いつも有難う。

そして、その後、一緒にライブに行くお友達と合流。
いつものごとく色々とお喋り。いくら喋っても喋り足りません。
くだらんことにキャッキャ言ってる時間が一番楽しいです。
あぁ、それにしても大阪はバーゲンしてなくても、
色んなものが安くてときめきますねー、ええなぁ。
今年の春は変な柄を求めつづけます…!

20050125201841


大阪の街はまだ見ぬ場所がいっぱいです。ダンケシェ-ン!

| main |